カプサイシンダイエットとは

カプサイシンダイエットとは

唐辛子の辛味成分であるカプサイシンに、体内でノルアドレナリンやアドレナリンを分泌させて、体脂肪を燃焼させる働きを利用したダイエット法です。

多くの人が知る通り,唐辛子の辛み成分であるカプサイシンにはダイエット効果があります。唐辛子を食べると,すぐに体が熱くなって大量に汗をかくのはカプサイシンの働きによるものです。

カプサイシンは体内に入ると小腸で吸収され血液中に入り,脂肪を分解するアドレナリンを分泌させます。

アドレナリンが出ると体が興奮して体温が上昇し,脂肪の分解を促進します。 運動をするとアドレナリンが出て体温が上昇しますが,カプサイシンにはこれと同様の働きがあります。

唐辛子をとると、体が熱くなって汗がたくさん出るのは、カプサイシンの作用で、これはエネルギー代謝がさかんになって、血行をよくし、体温を上げるためです。

運動による脂肪燃焼とは異なり、カプサイシンには即効性があり、食後すぐに脂肪を燃やし始めることから、ダイエットに非常に効果的です。

1. カプサイシンのとり方

唐辛子を使った調味料はバラエティに豊み,いろいろな料理からカプサイシンをとることができます。

例えば,粉唐辛子,ラー油,トウバンジャン,コチュジャン,タバスコ,沖縄のコーレーグースなど。また,辛いものが苦手な人には,辛さを取り除いたカプサイシンのサプリメントがおすすめです。

運動前にカプサイシンのサプリメントをとると脂肪が燃えやすくなります。
タイや韓国では1日に15グラムとるそうですが,日本人の場合は多くてもその半分が限界でしょう。 唐辛子の食べすぎは胃を傷めてしまい,また長期間の大量摂取は舌が麻痺して辛みだけでなく,甘みや塩味なども感じなくなります。

2. ポイント

唐辛子だけで痩せようと思ったら、たくさんの量(コップ1杯)が必要になってきます。
現実にそんなにとるのは大変危険なので、適度な量と軽い運動を併用しましょう。唐辛子の食べすぎは胃腸を痛めてしまいます。

また、大量の唐辛子を長期間食べていると、舌が麻痺して味覚障害を起こす危険があります。 胃腸やのどに異常を感じたらすぐに使用をやめて医師による診察を受けてください。

また、辛いものが苦手な人は、辛さを取り除いたカプサイシンのサプリメントがあります。運動前に摂取すると脂肪が燃えやすくなります。

唐辛子をそのまま食すより、バラエティ豊富な唐辛子調味料を使って味に変化をつけ食事を楽しんだり、サプリメントで上手に取り入れてみましょう。

キムチは唐辛子のカプサイシンと、発酵することで発生する乳酸菌など、ダイエット効果の高い成分が含まれている優秀痩せ食材です♪

ダイエットのカテゴリー

ページのトップへ