納豆菌ダイエットとは・効果のある納豆の食べ方

1. 納豆ダイエットとは

納豆菌ダイエットは、下っ腹がぽっこりと出る原因の腸が垂れている人の腸に便やガスを排泄することにより腸内環境を改善し、ダイエットするものです。また、便秘は腸の中に腐敗物がたまるので、肌荒れとか病気の元です。

納豆の中に含まれる成分で注目したいのが、アンチエイジング成分「ポリアミンで、血管の炎症を防ぎ、血流をスムーズにさらさらにする効果があります。

腸内環境を整えて免疫力を高める発酵食の代表ともいえる納豆の、痩せる成分ムチン、ナットウキナーゼ、ビタミンB2、イソフラボンなどに着目したダイエット法です。

ナットウキナーゼやムチンなど独自成分の血液をサラサラにする健康パワーはよく知られています。それ以外でも豊富な食物繊維やイソフラボンで便秘解消など多くの効果を発揮します。

1. ここがすばらしい!

納豆はたんぱく質やビタミンB群、ビタミンE,カルシウム、鉄、食物繊維などが豊富に含まれる優秀食材です。とくにビタミンB2が豊富で、大豆の約5倍も含まれています。
ビタミンB2は脂質の代謝に不可欠なビタミンで、体脂肪の蓄積などを防ぐダイエット効果で知られています。

納豆菌には、腸内の腐敗菌を抑制する働きがあり、お腹の調子も整えます。食物繊維やカリウムで便秘やむくみ改善にも効果を発揮してくれます。

納豆菌が作り出す酵素のナットウキナーゼは、血液中にできる血栓を溶かし、血液サラサラ効果を発揮します。血液がサラサラになれば、血行が促進されて、女性に多い悩みのひとつである冷えやむくみの改善にも働きます。


2. ダイエット効果のある納豆の食べ方

1. ダイエット効果のある納豆の食べ方

◇おろし納豆

納豆に大根おろしを加えて混ぜ、食事の20分前に食べる。
食物繊維が多いため満腹感が得られるし、消化分解酵素を大量に含んでおり栄養が効率よく吸収されるので、食事自体を少ししか食べなくても大丈夫。

◇キムチ納豆

唐辛子の有効成分であるカプサイシンが脂肪を分解する。胃酸にまけないキムチの乳酸菌と白菜の食物繊維が整腸。

◇わかめ納豆

カルシウム・カリウム・マグネシウム・食物繊維食物繊維・ミネラルがたっぷりです。

2. ダイエットに最強の納豆とは

1.「糸引き納豆」で、かつ2.「ひき割り納豆」のものです!

理由1:ダイエットによいとされるのはナットウキナーゼ。納豆菌に含まれるものですから、納豆菌による発酵を経ている必要があります。
ですから、まずは「糸引き納豆」である必要があります。

理由2:ナットウキナーゼはを含むその納豆菌は、大豆の表面に付着しながら繁殖します。
表面積が大きければ大きいほど、ナットウキナーゼも多く含まれるといえます。

ダイエットのカテゴリー

ページのトップへ