豆乳ダイエットとは・効果的なとり方とは

1. 豆乳ダイエット」とは

豆乳には、食物繊維とオリゴ糖がたっぷり含まれているので、便秘の予防・改善にも役立ちます。
便秘が解消されると、体内の余分な老廃物が排出されて、デトックス効果も期待できます。

最近、とくに女性に多く見られる便秘の症状ですが、豆乳ダイエットを始めたら、いつのまにか自然にお通じがくるようになったという人がたくさんいます。

豆乳に含まれているオリゴ糖は、水分を吸着しやすいという性質があります。
腸内細菌がオリゴ糖を吸収して水分が放出されると、自然に便通が促されるようになります。

最近、大豆に含まれるイソフラボンという成分が注目されるようになりました。

イソフラボンは、女性ホルモンと同様の働きがあります。豆乳ダイエットを継続することで、美肌・アンチエイジングを目指すことができます。

豆乳に豊富に含まれているイソフラボン・パワーで、女性ホルモンの働きが活性化されるようになり、更年期障害の症状が自然に軽減されます。

厚揚げや納豆があまり好きではない人も、豆乳なら誰でも抵抗なく飲めると思います。

豆乳ダイエットで、単に見た目の体重を軽くするだけでなく、健康維持のために、健康パワーを高めるために、日々の食生活に豆乳ダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。


2. 豆乳の効果的なとり方とは

1. 豆乳の働きとは

豆乳ダイエットは,毎日豆乳を1杯飲んで,その分ご飯の量を減らすものです。特に食前に飲むと満腹感があり,食事の量が抑えられて効果的です。

豆乳は豆腐を作る過程の産物で,主成分のタンパク質,脂質などの含有率が牛乳と酷似しているため,昔から体にいいとされてきました。
そして,大豆臭を除いた調製豆乳が発売されてからは,健康指向ドリンクの定番となりました。

豆乳の原料である大豆は「イソブラボン」という成分を含んでいます。
イソブラボンは,体内で女性ホルモンと似た働きをするため,老化防止,美肌効果などがあり,特に更年期障害を軽減するということで注目を浴びています。

また,豆乳には,女性にとって悩みの便秘を解消する働きもあります。豆乳に含まれる「オリゴ糖」には水分を吸着しやすいという特長があり,腸内細菌がオリゴ糖を食べることによって水分が放出され,便が排出にほどよい水分量になるのです。

2. 豆乳の効果的なとり方とは

豆乳が健康にいいという理由に低力ロリーという点があり,牛乳の3分の2で,しかもタンパク質は牛乳より多く,脂質は少なく,コレステロールはゼロ(牛乳は100グラム中12ミリグラム)です。そのほか悪玉コレステロールを退治するレシチン,体の酸化防止に効果的なサポニン,フィチン酸など,多くの健康に役立つ成分が含まれています。

豆乳は大豆製品の中で最も吸収率がよいといわれ,これをさらに高めるには,乳酸菌の力を借りるためヨーグルトを加えるとよいでしょう。

ダイエットのカテゴリー

ページのトップへ