肝機能障害とは

肝機能障害といっても脂肪肝、アルコール性肝機能障害または肝炎、肝硬変、肝腫瘍など、さまざまな疾患があります。脂肪肝、アルコール性肝機能障害は過食やアルコールの過剰摂取などが主な原因で、これらの原因を取り除くことで多くは改善します。


1. 飲酒が招く肝機能障害:アルコール性肝機能障害

アルコール性肝機能障害は、大量のアルコールを長期間飲み続けているうちに、肝臓の機能にさまざまな障害を起こす病気です。

肝臓が処理できるアルコールの量は無制限ではありません。一般に、肝臓が1時間に処理することができるアルコール量は、体重60kgの人で6~7g程度とされています。これは、日本酒で4分の1合、ビールなら大瓶4分の1本の量に相当します。

実際、1日に、日本酒で6合、ビールなら大瓶6本に相当する160g以上のアルコールを摂取している人で、飲酒期間が15年以上の場合、半数以上の人が肝硬変なるというデータがあります。また、肝硬変にならなくても、何らかの肝障害を起こしているとされています。

最近は女性のアルコール性肝機能障害も目立ってきており、背景には女性の飲酒家が増加しています。一般に、女性は男性よりも肝臓の予備能力が低いといわれており、男性よりも少ないアルコール量で障害が起こります。


2. アルコール性肝機能障害の原因と症状

アルコール性肝機能障害は、障害の進行程度により、アルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変の3段階に分けられます。

アルコール性脂肪肝は、肝細胞内に中性脂肪がたまって肝臓が肥大した状態です。大量のアルコールをとり続けた結果、肝臓の脂肪代謝機能が低下したことによって起こります。

アルコール性脂肪肝は、アルコール性肝機能障害の初期段階です。一般に、日本酒にして毎日3合以上を5年以上飲み続けた場合に起こるとされています。ただし、これはあくまで平均的な数値で、飲み方や総量によって個人差があります。

そのため、健康診断などで肝機能の異常を指摘されるまで、まったく自覚していないことが多いようです。アルコール性脂肪肝に気づかないまま飲酒を続けていたり、宴会などで一気に大量のアルコールを摂取すれば、急激に肝臓の状態が悪化し、肝細胞が壊れ、細胞の間に線維がたまってしまいます。

しじみだけに多く含まれるオルニチンは肝機能の改善に効果があるとされ、健康志向の方からも注目を集めています。


3. アルコール性肝機能障害の予防と日常生活の注意点

1. アルコールと上手に付き合う

アルコール性肝機能障害は、自分の意思で予防が出来る病気です。酒を飲まなければアルコール性肝機能障害になる心配はありません。しかし、適量の飲酒は気分を爽快にして、生活にうるおいや楽しみをもたらすことも事実です。要は、肝臓に負担をかけないように、上手にアルコールと付き合うことです。

酒を飲むときは空腹時は避け、たんぱく質やビタミン豊富なおつまみを適量とりながら、ゆっくりと飲むようにしましょう。

2. 週に2日は休肝日を設ける

アルコール性肝機能障害の人は、いったん治ったからといって安心しないで、禁酒・節酒を続けていくことが何より大切です。

アルコール性肝機能障害になった人が飲酒を続けていれば、病気は確実に進行します。逆に障害が軽いうちは、飲酒を制限するだけで完治させることが出来ます。つまり、病状が進むか治るかは、ひとえに断酒できるかどうかにかかっています。

脂肪肝の場合、禁酒をし、栄養バランスのとれた食生活を続けていれば、肝臓の腫れは3~4週間ほどで解消されて、元の大きさに戻ります。

ウコンの商品一覧

牡蛎&ウコン たのもし 約30日分

価格(税込) : 2,484 円

SHOP : ファンケルオンライン

ウコン

効率ダブルウコン 約30日分

価格(税込) : 1,242 円

SHOP : ファンケルオンライン

ウコン

カロリミット ウコン ドリンク 6本

価格(税込) : 1,160 円

SHOP : ファンケルオンライン

ウコン

ウコン革命 10回分

価格(税込) : 980 円

SHOP : ファンケルオンライン

ウコン

NEW沖縄産トリプルウコンEX <新タイプ> 4本セット

価格(税込) : 10,000 円

SHOP : 日本直販オンライン

ウコン

ページのトップへ