1. 生理痛とは

1. 生理痛とは

けいれん性の痛みはエストロゲンやプロゲステロン、プロスタグランジンが引き起こすことが知られている。この症状の女性に多いのは、子宮などの平滑筋を収縮させるタイプのプロスタグランジンが多い。

月経が近づくとプロスタグランジンが多くつくられ、悪心や便秘、下痢を伴うけいれんが起こる。しかし、年をとると改善される傾向がある。痛みが最もはげしいのは、10代や20代の女性で、出産後に生理痛がやわらぐことが多い。

1. 生理痛と戦うカルシウム(Ca)・マンガン(Mn)

カルシウム(Ca)やマンガン(Mn)が極めて少ない食事や、ミネラルをサプリメントで補う食事を調べたところ、月経前の症状には、食事が大きく関係することがわかった。カルシウム(Ca)とマンガン(Mn)が豊富な食事を摂った場合は、月経前の症状がかなり軽かった。

マンガン(Mn)の所要量は2mgで、食品ではナッツ、茶、未精製穀類のシリアル、豆類に豊富だ。

2. ビタミンB6(ピリドキシン)・ビタミンB3(ナイアシン)で防ごう

ビタミンB6(ピリドキシン)は、子宮平滑筋をゆるめて生理痛を防ぐ「善玉」プロスタグランジンをつくらせる。生理前になると、むくんだり体重が増えるなどの症状に悩む人には、ビタミンB6(ピリドキシン)が有効かもしれない。

ビタミンB6(ピリドキシン)を他のビタミンB群の複数サプリメントと合わせて摂ることが奨められている。ビタミンB3(ナイアシン)も重要で、ビタミンB3(ナイアシン)が90%の患者の生理痛を改善したという研究もある。

生理痛の予防には、1日に25~200mgのビタミンB3(ナイアシン)を月経前の7~10日間に摂取するのがよい。ビタミンB3(ナイアシン)をとると皮膚が赤くなることがある。また、肝臓病のある人にはビタミンB3(ナイアシン)をとる前に必ず医師に相談するかたが必要である。

3. 鉄(Fe)、ビタミンC(アスコルビン酸)、フラボノイドで月経を軽く

過多月経(経血量が多い状態)は、生理痛に次いで多い問題である。

出血が多いのは不便であるばかりか、貧血の原因にもなる。医師が過多月経の人に鉄剤を処方するのは貧血予防のためだが、鉄(Fe)には次回の出血量を減らす働きもあるという。

ナイアシンとセントジョーンズワートの商品一覧

マルチビタミン&ミネラル 約30日分

価格(税込) : 1,008 円

SHOP : ファンケルオンライン

マルチビタミン

マルチビタミン 約30日分

価格(税込) : 648 円

SHOP : ファンケルオンライン

マルチビタミン

からだにしっかり 届く マルチミネラル 約30日分

価格(税込) : 915 円

SHOP : ファンケルオンライン

マルチミネラル

セントジョーンズワート 約30日分

価格(税込) : 1,188 円

SHOP : ファンケルオンライン

セントジョーンズワート

マルチ ビタミン&ミネラル

価格(税込) : 1,900 円

SHOP : サントリーウエルネスオンライン

マルチビタミン

ハーバー(HABA) 2000CxB (サプリメント)

価格(税込) : 3,672 円

SHOP : HABA ONLINE

マルチビタミン

ハーバー(HABA) 500CxB 90粒 (サプリメント)

価格(税込) : 1,944 円

SHOP : HABA ONLINE

マルチビタミン

マルチビタミン【栄養機能食品(ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE)】

価格(税込) : 648 円

SHOP : @cosme shopping

マルチビタミン

ヴァイタシナジーフォーエナジー

価格(税込) : 2,268 円

SHOP : @cosme shopping

マルチビタミン

ヴァイタシナジーフォーウーマン

価格(税込) : 10,778 円

SHOP : @cosme shopping

マルチビタミン

ヴァイタシナジーフォーウーマン

価格(税込) : 19,872 円

SHOP : @cosme shopping

マルチビタミン

マルチミネラル 【栄養機能食品(鉄・亜鉛・マグネシウム)】

価格(税込) : 926 円

SHOP : @cosme shopping

マルチミネラル

ページのトップへ