1. 夏バテ予防と夏バテ対策のポイント

1. 夏バテのメカニズム

人間の体は、日本の夏のように高温・多湿な状態におかれると、体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費し、かなりの負担を強いられます。

多くの場合は、その負担に耐えられるのですが、過度に負担が強くなったり、毎日続いて長引いたりすると、その暑さに対応することができず、体にたまった熱を外に出すことができなくなり、熱が出たり、だるくなって胃腸の働きが弱まったりしてきます。この無理が続いて、体が限界に来ている状態のことを夏バテ(夏ばて)と言います。

夏バテには様々な原因が絡み合っているのですが、次の3つが大きな原因といわれています。

  1. 自律神経の不調
  2. 水分不足
  3. 胃腸の働きの悪化

1. 自律神経の失調

人間の体は、周りが暑くなると、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応しようとします。この体温調節は自律神経の働きによるものです。ですが、この状態で冷房の効いた部屋に入っても、体はすぐに外の気温の変化についていけず、態勢を切り替えることができません。そうなると、本来なら熱を放出する必要のない環境で熱を放出してしまうことになります。

温度が下がったことに気づいた自律神経はあわてて態勢を切り替えますが、これが一日に何度も繰り返すことになれば、自律神経自体が疲れてしまい、負担がかかってしまうことになります。これがひどくなるとめまい、食欲不振、頭痛などを引き起こすことになるのです。

また、日本の夏特有の湿気も原因の一つだとしてきされています。カラっとしたハワイやアメリカ西海岸であれば、夏バテがおきにくいのです。なぜなら、湿度が低いと汗がちゃんと蒸発して、体温の調節がうまくいきやすいからです。

夏バテ対策・解消には湿度も重要というわけですね。

2. 水分不足

体の中から熱を放出するべく「汗」をかくには、その元となる「水」が必要です。うまく汗をかいて、体の中から熱を放出しないと体が高温に保たれてしまい、人間の体は不調をきたしてしまいます。

日本の夏では、軽作業でも1日2から3リットルの汗をかきます。これを補うだけの水分補給をしないと体によくなく、頭痛、鼻水、むくみなどがおき、ひどい時には下痢や嘔吐などの症状がでる場合もあります。

3. 胃腸の働きの悪化

外が暑いせいで体の中の温度が高くなると、胃腸への血流が少なくなります。また、汗を多くかくと体内の塩分が不足して、胃酸も減ってしまいます。この状態で冷たいジュースやビールをがぶ飲みすると、胃をこわしたり、下痢を起こしたりします。さらに、胃腸の温度が下がり、消化器官内の消化酵素の働きも低下してしまいます。

これに加えて、自律神経の失調により、更に胃腸の働きがおちます。胃腸の働きが落ちると、体力は減少し、疲れはたまり、ますます自律神経の働きが悪くなります。

このように自律神経の失調と胃腸の働きの低下がどんどんお互いを悪化させていく関係に陥ってしまいます。


2. 夏バテの症状はさまざまです。

夏ばてになってしまった場合、自律神経が失調してしまうことが多いのですが、自律神経は全身の機能に影響を及ぼすため、夏バテになると心身ともに不調になってしまい、次のような症状がでてきます。

  1. 全身の疲労感
  2. 体がだるい
  3. 無気力になる
  4. イライラする
  5. 熱っぽい
  6. 立ちくらみ、めまい、ふらつき
  7. むくみ
  8. 食欲不振
  9. 下痢、便秘

日頃から胃腸の弱い人や虚弱体質の人、自律神経の調整機能がうまく言っていない人、神経質で環境の変化に過度に反応してしまう人なども夏バテになりやすいので要注意です。

特に体の調整機能が未熟な幼児は、脱水症状になりやすいですし、老人の方は暑さによって体温が上がってしまい、日射病や熱射病を起こし、衰弱しやすいので、注意が必要です。


3. 夏バテを防止・解消する対策

4つの方法が夏バテ防止・解消の対策・予防法と考えられます。

  1. しっかりと食べる
  2. 水分を補給する
  3. 冷房の効きすぎに備える
  4. しっかりと寝る

ページのトップへ