梅肉エキスとは|梅肉エキスが血流改善

梅肉エキスは、青梅の絞り汁を長時間煮詰めて作った梅の濃縮エキスです。

疲労をつくる物質のひとつである乳酸の生成を抑えるクエン酸やリンゴ酸、腸の運動を活発するカテキン酸、肝臓の働きを高めるピクリン酸が含まれています。

最近になり、農林水産省食品総合研究所の研究グループによって新たな有機酸「ムネフラール」が発見されました。
これは梅の実には存在せず、梅肉エキスの製造工程でクエン酸と糖の一部が結合してできる成分で、クエン酸との相乗効果が確認されました。


1. 梅肉エキスが血流改善効果の高い事は、経験的に知られていた

梅肉エキスを加えた血液が毛細血管とほぼ同じ大きさの穴を通過する時間を測定するのがこの装置。血液は普通60秒程度でこの穴を通過する。

梅肉エキスを血液に加えると、ほとんど全員の血流が改善された。血液はいうまでもなく体のすみずみの細胞に酸素や栄養分を供給し、老廃物を取り除くなどの働きをする。

血の流れが、良くなれば、酸素や栄養分の供給がスムーズになり、老廃物の回収が早くなって、体全体が活性化するわけだ。 また、血管内にコレステロールなどが溜まるのを防ぐなどさまざまな生活習慣病の発生を防いでくれる。

そんなすぐれた働きをするのが梅肉エキスの中に含まれる「ムメフラール」と命名された物質。
ムメフラールは、天然の梅の実には含まれておらず、梅の果汁を煮詰めて梅肉エキスを作る過程で生成する物質であることが確認された。

また、梅干しや梅肉エキスにはACE酵素と呼ばれる血圧を上げる物質の働きを抑制する効果も知られている。 しかも梅肉エキスには食塩がまったく含まれておらず、食塩の摂取を制限されている人にも安心して食べる事が出来る。

腸炎ビブリオ菌や黄色ぶどう菌は有機酸に弱い。梅肉エキスは「世界で最も酸っぱい食品」と言われるほど酸性が強い食品なので、これらの菌の繁殖を抑える効果がある。

梅肉エキスのPHは1.4とさらに強力で、O-157に対しても十分有効だ。梅肉エキスはこの夏を健康に送るための必需食品といえそうだ。

 産経新聞 平成11年5月31日抜粋による


健康をそこねて胃の働きが鈍ったり、胃液の分泌が悪くなると、バイ菌は胃を通過し、腸にそのまま侵入して行きます。小腸の中は弱いアルカリ性で殺菌作用が弱いので、バイ菌わがもの顔で働き回ります。 つまり、発病するわけです。梅はこうしたときに威力を発揮します。

梅肉エキスは腸内でこのような働きをしてくれます。梅肉エキスはその中に含まれている有機酸で腸内を一時的に酸性化するので、侵入してきたバイ菌は繁殖出来ず、死滅してしまうのです

役目を果たした梅肉エキスは、腸壁から吸収されると同時にアルカリ性に変わり、血液を健康状態の弱アルカリ性に保つための作用をするのです。

梅肉エキスの効果効能

1. 梅肉エキスは血流改善効果が高い

梅肉エキスがすばらしいのは、ひとつひとつの働きもさることながら、18の働きが相互に作用することで、体に本来備わっている基本的な能力を呼び覚まし、より強いものにすることではないでしょうか。

免疫力や自然治癒力を活性化し、体の諸機能を元気にしてくれるのではないかと思うのです。「梅好きの人は元気で長生き」といわれますが、これは梅が体の諸機能を元気にしてくれる結果なのかもしれません。

梅肉エキスに含まれているクエン酸・リンゴ酸・ムメフラールには 血液をサラサラにして、流れやすくする強い血流改善効果があります。 血液は言うまでもなく、体の隅々の細胞に、酸素や栄養分を供給し、 老廃物を取り除くなどの、働きをしています。

血液の流れが良くなれば、酸素や栄養分の供給がスムーズになり、 老廃物の回収も早くなって、体全体が活性化します。

血液内にコレステロールなどがたまるのを防ぐなど、生活習慣病の発生を防いでくれます。

梅肉エキスに含まれているクエン酸には殺菌作用があり、体内で生じる疲労物質の乳酸を分解して、身体の活力を改善します。 腸炎ビブリオ菌や黄色ブドウ糖球菌は有機酸に弱いので食中毒の予防にも効果的。O-157などにも有効とされています。


2. 梅肉エキスは殺菌作用・鎮痛作用が高い

1. 梅肉エキスは殺菌作用・整腸作用・疲労回復に

梅肉エキスには、梅の薬効が凝縮されています。梅干よりも強力な殺菌作用があり、整腸作用にも優れた梅肉エキスは、昔から、体調がすぐれないときの万能薬として、重宝されてきました。

2. 梅肉エキスは腹痛、下痢、便秘に

強力な殺菌作用がある梅肉エキスは、昔から、食あたり、赤痢、コレラなどの伝染病予防に役立ってきました。腹痛や下痢には、少量をなめるだけで、効果があるといわれます。腸の働きを整えるので、便秘にも有効です。直接なめるのが苦手な場合は、お湯割りにして飲んでもOKです。

3. 梅肉エキスは喉(のど)の痛みに

風邪などで喉(のど)が痛む時は、ぬるま湯で5~10倍に薄めた梅肉エキスでうがいします。強力な殺菌効果が働き、効果抜群です。

4. 梅肉エキスは湿疹、水虫に

水で10倍くらいに薄めた梅肉エキスを、患部に外用薬として塗ります。これを繰り返すと、強力な殺菌効果が皮膚の内側に浸透してよく効くといわれています。

5. 梅肉エキスは頭痛、腰痛、膝痛、肩凝りに

梅には、鎮痛作用や、血行促進作用があります。少量の水で溶いた梅肉エキスを、ガーゼなどに塗りつけ、患部に貼って湿布すると、痛みが治まります。

「梅肉エキス」の作り方

1. 「梅肉エキス」の作り方

梅の果肉をすりおろし、しぼった汁を、じっくり煮詰めて作る「昔からの家庭薬」です。疲労回復・食あたりなど万能薬として重宝します。

用意する材料

  • ・青梅(若くて青く固いもの)

用意するもの

  • ・おろし器(陶器製かセラミック製)
  • ・ボール(ガラス製かホーロー製)
  • ・もめんの布
  • ・鍋(土鍋かホーロー製)
  • ・木じゃくし
  • ・殺菌した保存容器

2. 「梅肉エキス」の作り方

  1. 青梅は、丁寧に水で洗い、水気を充分にきっておく。おろし器で、青梅の果肉をおろす。
  2. もめんの布に、すりおろした果肉を入れ、汁をしぼる。
  3. 梅のしぼり汁を、鍋に移し、火にかける。最初は弱めの中火にかけ、全体が温まってきたら弱火にして、加熱する。
  4. 黄色いアクを、丁寧にすくいとり、時々、木じゃくしで混ぜながら弱火でじっくり煮詰める。
    表面に光沢が生まれ、黒くトロリとして、木じゃくしでスジがひけるようになったら火を止める。
  5. あら熱がとれたら、保存容器に入れる。常温で長期間保存できる。

梅肉エキスの商品一覧

アルカリウメ7.35 2箱お買得セット28粒

価格(税込) : 8,800 円

SHOP : QVCジャパン

梅肉エキス

アルカリウメ7.35 14粒

価格(税込) : 4,980 円

SHOP : QVCジャパン

梅肉エキス

徳用 生梅飴 1Kg入り 業務用大袋 紀州南紅梅使用 梅肉エキス配合<

価格:1,131円

shop:みぞた商店

梅肉エキス

梅肉エキス紀州の赤本カプセル

価格:5,500円

shop:Guts-Hunter

梅肉エキス

ページのトップへ