1. オリゴ糖とは

腸内善玉菌の代表・ビフィズス菌は腸内に入ってきたオリゴ糖を食べることによって増殖できるのです。オリゴ糖とは、赤ちゃんから大人までみんなの腸内環境を整え、体内ビフィズス菌を増やして、日々の健康を保つ大切な役目を持っているとっても偉いやつなのです!


1. オリゴ糖の種類と効果効能及びカロリー

オリゴ糖は、原料によって種類が分かれています。さとうきびを原料とするフラクトオリゴ糖、大豆ホエーを原料とする大豆オリゴ糖、乳糖を原料とするガラクトオリゴ糖、他、ビートオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、乳化オリゴ糖、ラフィノース、パラチノース、ラクチュロース等の様々な種類があります。

オリゴ糖は、その種類によってビフィズス菌増加の度合いが違ってきます。もとから食品に含まれる天然オリゴ糖のほかにも、開発によって生み出された合成オリゴ糖があるのですが、数あるオリゴ糖のなかでもラフィノースと呼ばれる、国内では北海道でしか栽培されていない砂糖大根を原材料とするオリゴ糖と、大豆オリゴ糖だけが天然といえるそう。

1. フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖はゴボウやタマネギなどの野菜に含まれている糖で、くせがなく、まろやかな甘さが特徴です。善玉菌を増殖させて腸内環境を整える他、ミネラルの吸収促進、骨密度の低下を抑制するなどの効能があります。

2. キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は食物繊維を特別な酵素で分解して作られた、低カロリーで虫歯の原因なりにくいオリゴ糖です。少量でも継続して摂取するとビフィズス菌の育成を促進して腸内環境を改善するといった効能があります。

3. 大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖は天然の大豆をもとに分離・精製して作られています。腸内のビフィズス菌を増加促進させ、整腸作用により便通を改善したり、免疫力を向上させる効能があります。

4. ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は母乳に多く含まれているオリゴ糖でさわやかな甘みを特徴とし、健康食品などでは乳糖(ラクトース)を原料に生産されています。腸内のビフィズス菌の増殖を促進させ他、たんぱく質の消化吸収を助けるといった効能があります。

5. イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖は熱や酸に対して極めて強い性質であり、虫歯になりにくいといった特徴があります。ビフィズス菌や乳酸菌といった有用菌を活性化させ、腸内環境を良好に保つ効能があります。

6. 乳果オリゴ糖

乳果オリゴ糖はラクトスクロースとも呼ばれ、天然のサトウキビに含まれるショ糖と牛乳に含まれる乳糖を原料にして生まれたオリゴ糖です。砂糖に近い自然の甘味が特徴とし、難消化性で高いビフィズス菌増殖機能を持っています。

7. ラフィノース

ラフィノースはビート(砂糖大根)から分離・精製して作られる天然のオリゴ糖で、全く吸湿性がないといった特徴があります。腸内菌叢改善・整腸作用があり、免疫力の向上やアレルギー症状の緩和などといった効能があります。

またオリゴ糖は、利き目がある人だと下痢にはならないけど、ガスがでやすくっていう人もいます。頻繁にトイレに行けない職場環境の人や、ちょっと気軽にはガス抜きできないっていう環境にいるという人は、オリゴ糖を飲む時間も考慮に入れるという注意点もあります。

2. オリゴ糖の効果

1. オリゴ糖の効果効能について

オリゴ糖の効果や効能について。便秘の解消、糖尿病やアトピー、花粉症などのアレルギーの改善、予防、肝機能の回復、免疫機能の強化などオリゴ糖には様々な効果が期待できます。

腸内の善玉細菌を増やすといわれるオリゴ糖。オリゴ糖には、5つの効果が期待できます

1. 整腸作用

オリゴ糖は、腸内でビフィズス菌の餌になり、ビフィズス菌を増やします。

ビフィズス菌は、善玉菌です。善玉菌が増えることで、腸内環境がよくなり、大腸菌などの悪玉菌の活動を弱めます。このため、腸の調子がよくなり、結果として便秘の解消や便通の改善につながります。

2. 血糖値の抑制

オリゴ糖の中でも、乳果オリゴ糖やフラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖は、甘さが砂糖より弱いものの、カロリーが低く、摂取しても血糖値があがりにくいことから、高脂血症や糖尿病の患者の食事に使われています。

3. カンジタ菌の抑制

オリゴ糖の1種であるラフィノースは、腸内にいるカビの1種カンジタ菌の増殖を抑えます。

腸内のカンジタ菌は、アトピー性皮膚炎の原因とも言われ、オリゴ糖をとったアトピー患者の症状が改善されたという報告もあります。

4. 肝機能の回復

腸内に悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出すアンモニアも減ります。アンモニアは、便として排出されるだけでなく、一部は身体に吸収されてしまいますが、普通は、肝臓が無毒化してくれます。

肝機能障害の人は、アンモニアが体内を巡り、こん睡状態に陥ることもありますが、オリゴ糖を取ることで、腸内環境がよくなり、悪玉菌が作るアンモニアが減ると、肝臓を休ませることができ、肝機能が回復します。

このように、肝機能の回復にも効果を発揮するオリゴ糖は、肝機能改善のための治療にも使われています。

5. 免疫機能の強化

オリゴ糖を摂取すると、免疫細胞の免疫グロブリンAが増加したり、血液中の免疫細胞であるヘルパーT細胞のバランスが良くなることがわかっています。花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善が報告されています。

医療の現場でも使われているオリゴ糖は、様々な種類があり、それぞれに特徴がある成分です。しかし、どのオリゴ糖にも共通する効果は、「整腸作用」。腸内環境を改善することは、栄養の吸収をよくしたり、悪玉菌が起こすガンや体調不良を防ぎ、体調を整えます。

腸の調子が良くない、便秘を解消したいとお思いの方は、積極的に、オリゴ糖を取るようにしたいですね。

2. オリゴ糖の摂取量と注意点

1. オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分程度

オリゴ糖は砂糖とは違った性質をもっていて、その中でもカロリーが低い事が注目されています。オリゴ糖を摂取している人の多くは、このカロリーが低い事に注目して摂取しているようです。

まず、基準としている砂糖のカロリーですが、これは1g当たり4Kcalとなります。単純に砂糖が10g入っている食品を食べると、摂取カロリーは40Kcalになります。そして、ショートケーキを作るのにつかわれる砂糖の量は20gと言われており、缶ジュースや板チョコレートは30g程度入っていると言われています。一日の糖分の目安量は50~60gですので、これを食べる事で一日の半分近い糖分を摂取した事になります。

そして、オリゴ糖のカロリーですが、これは種類によって違ってきます。たとえば、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ラフィノースは1g当たり2Kcalで、イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖などは1g当たり3Kcalとなっています。


2. オリゴ糖の摂取量は

オリゴ糖の一日の正しい摂取量ってあるのでしょうか?

オリゴ糖は小腸で分解、吸収されず、大腸でビフィズス菌の餌となり吸収されるので便秘が解消された!と早い段階で手ごたえを感じる人も多いようですが、いい気になって一度に大量に摂取すると一時的にお腹を壊したり、便がゆるくなるので摂取量には注意が必要です。

一般的には、純度の高い天然のオリゴ糖なら、成人は一日3~5g、お子さんならその半分くらいが適切とも言われています。またオリゴ糖は、毎日の継続で効果のあがるものなのできちんと摂取し続けた方がよいですね。


3. オリゴ糖は下痢に注意点あり

その人の体質によっても症状は様々ですが、その製品によって一日の摂取量や摂取方法の注意点が書いてありますので、下痢を起こさないように、よく読んで適切な量を把握する事が大切ですね。

オリゴ糖の商品一覧

500億個の乳酸菌雑穀青汁 絶好CHOO 60包

価格(税込) : 4,979 円

SHOP : QVCジャパン

オリゴ糖

保阪流 オリゴ糖&オリゴメープルセット 各2本 計4本

価格(税込) : 3,297 円

SHOP : QVCジャパン

オリゴ糖

青汁大豆ミックス(粉末) 30本入り

価格(税込) : 3,590 円

SHOP : ファンケルオンライン

オリゴ糖

ハーバー(HABA) ビフィズスミックス 150億30袋 (サプリメント)

価格(税込) : 3,024 円

SHOP : HABA ONLINE

オリゴ糖

ザクロ酢3本セット

価格(税込) : 3,990 円

SHOP : saQwa(サクワ)ネットショッピング

オリゴ糖

フルッタフルッタ 冷凍パルプアサイー

価格(税込) :  830 円

SHOP : saQwa(サクワ)ネットショッピング

オリゴ糖

ルナラボ つる艷ピオーネ(MC)

価格(税込) : 2,980 円

SHOP : ベルメゾンネット

オリゴ糖

天然醸造酢サンビネガー ぶどう

価格(税込) : 2,592 円

SHOP : こだわり商品研究所

オリゴ糖

飲むスマート菌

価格(税込) : 1,998 円

SHOP : @cosme shopping

オリゴ糖

スーパーオータカ

価格(税込) : 5,184 円

SHOP : @cosme shopping

オリゴ糖

ページのトップへ