1. たんぽぽ茶(タンポポ茶)とは

1. たんぽぽ茶(タンポポ茶)とは

たんぽぽ茶(タンポポ茶)の効能・効果にはさまざまなものが挙げられることから、健康関連のテレビや雑誌にも取り上げられることがよくあります。

そもそもたんぽぽ(タンポポ)という植物そのものが、中国では古くから漢方薬として利用されていますし、ヨーロッパでも昔から薬草として認知されており、食用として利用する習慣があるようです。

ちなみに、たんぽぽコーヒーたんぽぽ茶というネーミングで知られていますが、普通のコーヒーやお茶のようにカフェインは含まれていません。

たんぽぽコーヒーは、別名たんぽぽ茶とも呼ばれ、たんぽぽの根をコーヒー豆のように焙煎、荒挽きしてつくる飲み物。ヨーロッパでは古くから多くの人々に愛飲されてきた長い歴史を持っています。

完全ノンカフェインであることや、妊娠中、授乳中の方々に大切な栄養成分を含むことから多くの人々に支持されています。また冷やしてもおいしく、暑い季節でも重宝します。

自然の厳しさにまかせた自然栽培にはじまり、根の収穫から洗い作業と天日干し作業。最終的な焙煎と刻み。確かな技術で作られたたんぽぽコーヒー(タンポポ茶)には、本物のコーヒーを凌ぐ美味しさがあります。

2. たんぽぽ茶(タンポポ茶)の特徴

たんぽぽコーヒーはその見た目や風味がコーヒーと似ていることから名前が付けられていますが、あくまでもコーヒー風味というだけで、後で述べるようにカフェインは含んでいないノンカフェイン飲料です。

このようなことから、市販されている商品としては【たんぽぽ茶】といったネーミングでも販売されていますが、【たんぽぽコーヒー】と【たんぽぽ茶】は同じ飲み物であり呼び名が違っているだけです。

1. たんぽぽ茶(タンポポ茶)はノンカフェイン

たんぽぽ茶(タンポポ茶)と聞くと、一般的なコーヒーと同じようにカフェインが含まれている飲み物と想像される人も居られるかもしれませんが、実際には含まれておらずたんぽぽ茶(タンポポ茶)はノンカフェインです。

妊娠中でカフェインの摂取を控えた方が良いとされている妊婦さんの場合でも、安心して飲むことができますし、寝る前に飲んでも睡眠の妨げになることもないようです。

たんぽぽ茶(タンポポ茶)の効果効能

1. たんぽぽ茶(タンポポ茶)の効能

たんぽぽ茶(タンポポ茶)には健康維持や美容に対してさまざまな効能があると言われており、その中でも【母乳】に関する面で好影響を与えてくれることが有名です。また、たんぽぽ(タンポポ)には性ホルモンのバランスを整えたり、分泌促進作用を持った成分が含まれるていることから、【生理不順の解消】や【不妊治療】のサポート的な効能が期待できるとされています。

1. 母乳の出を良くし乳質の改善効果

たんぽぽ茶(タンポポ茶)は母乳の出を良くすることや母乳の質を良くする効果があることで知られており、妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんを母乳で育てているママさん達にはひじょうに認知度が高いようです。

これらの効能はたんぽぽ(タンポポ)の根の部分に含まれている幾つかの苦味成分によるものと考えられており、これらの有効成分が代謝の働きを良くすることで【母乳分泌の促進作用】に繋がっていると言われています。また、血液を浄化する作用があることから、血液を原料として作られる母乳の質を良くすると考えられているようです。

2. たんぽぽ(タンポポ)の利尿作用による効能

たんぽぽ(タンポポ)には強い利尿作用があることから【むくみ(浮腫)】の改善に効果的であると言われています。

何らかの原因で尿の排泄機能が十分に働かなると体内の水分バランスが乱れることとなり、むくみが生じやすくなるのですが、利尿作用のあるたんぽぽ茶(タンポポ茶)を飲むことで、むくみの軽減や改善といった効能が期待できます。

また、利尿作用を促進することで結果的に腎臓の負担を軽減することから、腎臓の機能を改善するといった効果もあるようです。

3. 胃や肝臓の機能向上に効果的

たんぽぽ(タンポポ)の葉や茎に含まれる成分には、胃の働きを活発にする働きがあることから、【胃もたれ・食欲不振・消化不良】などといった症状の改善に有効であると考えられています。

胆汁の分泌を促進する作用があることから肝臓における脂質代謝を助けることとなり、慢性の【肝臓病】の改善にも繋がるといった効能があるとされています。このようなことから、たんぽぽ茶(タンポポ茶)には健胃作用や強肝作用があると考えられています。

4. 冷え性や便秘の改善

たんぽぽ茶(タンポポ茶)の効能には他にも、たんぽぽ(タンポポ)の成分に毛細血管での血液循環を促進させる作用があることから、血行が良くなり【冷え性】の改善に有効であると言えます。また、緩下作用といって排便を促進する作用もあることから、【便秘】の対策としても効果的であるとされています。

このように、たんぽぽ茶(タンポポ茶)には女性の悩みに多い症状の緩和や改善の手助けとなる効能がいろいろと期待できると思われます。

5. たんぽぽ(タンポポ)の根に発毛・育毛作用

たんぽぽ茶(タンポポ茶)についての効能からは外れる話題になるかもしれませんが、最近たんぽぽ(タンポポ)の根のエキスである【ホコウエイ根エキス】に育毛・発毛作用があるといった研究結果が発表されました。

ツムラ・ライフサイエンスが10年間に及ぶ研究から解明したもので、具体的な内容としては、ホコウエイ根エキスに含まれる物質に、育毛・発毛に関与していると思われる【HGF(肝細胞増殖因子)】と、毛包を構造的に強くする3つのタンパク質の生産性を高める作用があるとのことです。

たんぽぽ茶(タンポポ茶)の作り方・飲み方

1. たんぽぽ茶(タンポポ茶)の作り方

たんぽぽ茶(タンポポ茶)の作り方を簡単に説明しますと、まず収穫したたんぽぽ(タンポポ)の根の泥を落として丁寧に洗ってから、よく乾燥させます。それから乾燥しきったたんぽぽ(タンポポ)の根に火を通して煎るという焙煎作業をして、冷めてからミキサーなどで細かく砕いて粉状にするといった流れになります。

自宅でも勿論作ることは可能だと思いますが、たんぽぽ(タンポポ)の根を乾燥させるためにある程度の期間は天日干しさせる必要がありますし、何かと手間と時間が掛かるのは確かです。

2. たんぽぽ茶(タンポポ茶)の飲み方

たんぽぽ茶(タンポポ茶)は、ティーパックになっているタイプがほとんどです。 ティーパックを熱湯に浸し、飲み頃になるまで待ってからよく振り出して飲みましょう。美味しい煎れ方・飲み方などは商品によっても違うので、説明書きをよく読んで正しく飲みましょう。

ちなみにアイス茶として飲みたいという場合は、少し濃いめのホット茶を作っておいて、最後に氷を入れて飲むのがオススメです!

ホットで作ったものを、そのまま冷蔵庫で冷やして飲んでも美味しく頂けます。また、ミルクや豆乳などを入れてラテ風に飲む人も多いようで、味がまろやかになって、飲みやすくなるそうです。

1. たんぽぽ茶(タンポポ茶)を飲むタイミング

たんぽぽ茶(タンポポ茶)は不妊に効果があると言われているので、妊娠希望中の女性が飲んでいるというケースは多いです。そして赤ちゃんが産まれた後でも、母乳に効果的と言われているので飲み続けてましょう。

妊娠前から継続して飲み続け、産まれてくる赤ちゃんのために元気な身体と母乳を作っておく、そんな感じで始める方が多いのではないでしょうか?

ちなみに、女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きもあるそうなので、生理痛が辛いという人や生理不順・更年期障害を改善したいという人なども、ぜひ始めてみてはいかがでしょう?

2. 気になるたんぽぽ茶(タンポポ茶)の副作用

たんぽぽ茶(タンポポ茶)はノンカフェインなので妊娠中や授乳中でも安心ですし、これといった副作用もないようです。 あえて挙げるならば、利尿作用があるので、トイレの回数が増える…ということぐらいでしょうか?

たんぽぽの商品一覧

たんぽぽ珈琲(マタニティプラス)

価格(税込) : 3,564 円

SHOP : ベルメゾンネット

たんぽぽ

たんぽぽコーヒー 葉酸プラス

価格(税込) : 1,782 円

SHOP : ベルメゾンネット

たんぽぽ

たんぽぽ子育茶

価格(税込) : 1,296 円

SHOP : ベルメゾンネット

たんぽぽ

ページのトップへ