1. ウコンとは

春に花を咲かせる春ウコンや、秋に花を咲かせる秋ウコン、切り口が青みがかかった紫ウコンなどがあります。春ウコンと秋ウコンの違いは、主に健康増進に使われるのが春ウコンで、食物着色(たくあん等)や染料によく使われるのが秋ウコンです。

しかし、最近は秋ウコンも健康に良い成分があるということで健康増進にも秋ウコンが利用されるようになりました。

ウコンは肝臓の妙薬と沖縄では昔から言われてきましたが、沖縄の人たちは昔からこの妙薬ウコンを日常的に利用して、弱った肝臓の働きを回復させ、沖縄の暑い夏を乗り切ってきました。

ウコンの成分でもっとも代表的なクルクミンや、精油成分、各種ミネラル、食物繊維などがそれぞれ効力を発揮したり、作用を高めあったりしながら、優れた薬効を生み出していて、最近では専門家の間でも、ウコンの薬効に対して熱い視線が向けられています。

ウコンは沖縄では、琉球王朝時代に薬草として珍重し、厳しい管理のもと専売制度が敷かれたほどです。沖縄の庶民達にも、万病に効くとして珍重されていて、「酒飲みにウコンを飲ますな」とまで言われたそうです。

つまり、肝臓の働きが良くなるため結果的に、お酒を飲む量が増えてしまうからというのです。今から400年前の中国で著された有名な薬物書「本草網目」では悪血を破る、血淋、尿血を治す、と記され、またその効能は「治血気心腹痛産後敗血」とも記されています。

国立衛星研究所での分析結果によると、ウコンには肝臓機能を強化するクルクミンをはじめアズレン、カンファーなど多くの有効成分が含まれているとしています。

ウコンには胆汁分泌促進作用がある。胆汁は肝臓でつくられて、一旦、胆のうにたまり、十二指腸内に排泄されて栄養素の吸収を助けます。つまり胆汁の分泌が促進されれば、肝細胞が刺激され肝機能が高まり、その結果、肝臓の大切な働きである解毒作用も強くなるわけです」(三沢穣著「秘薬『うこん』のすべて)

2. ウコンの主な効果・効能

1. ウコン(うこん)の種類と主な効果

秋ウコンには肝機能を強化するクルクミンが豊富に含まれています。それに対し、春ウコンは豊富な精油成分およびミネラルが特徴です。

  1. 肝機能が低下している、お酒を良く飲むなどの方には、秋ウコンが適していて
  2. 肝臓だけでなく、他の内臓も含めた健康維持をしたい方には、春ウコンが適しています。

漢方では芳香性健胃剤として使用されていて、特に胃潰瘍、十二指腸潰瘍によいとされています。この潰瘍の主な原因とされているのがヘリコバクターピロリいわゆるピロリ菌ですが、胃、十二指腸潰瘍の患者に紫ウコンを使ったところ、ピロリ菌が消滅し、潰瘍の再発も見られないといった報告があります。

また、血液の浄化、血管や脳細胞の老化防止にも効果があるとされています。血液を浄化することによって肩こりや腰痛の原因物質を取り除いてしまい、痛みも解消してくれます。同じような意味で疲労回復効果もあります。

1. 紫ウコンの効果

紫ウコンは、利胆作用のあるシネオール、抗炎症作用や胃潰瘍などに効能があるアズレンをよく含みます。 紫ウコンの薬効成分のクルクミンは約0.3%、精油分は約6%含まれていて特に胃に効能があります。 食べる

2. 秋ウコンの効果

秋ウコンの黄色を呈する色素成分は、クルクミンといってアルツハイマーに良いという研究があるようです。 また、アルコールに関しては、ハウス食品と東京医科大学の共同研究によって、ウコン(クルクミン30mg)

3. 春ウコンの効果

春ウコンは精油成分が多く、利胆作用や抗ガン作用があるとされています。 クルクミン含有量は少ないようです。 春ウコンの薬効成分のクルクミンは約0.3%、精油分は約6%含まれていて特に胃に効能があります。


2. 科学的に解明されたウコンの効果効能

  1. 胆汁の分泌を促し、肝臓病を予防・改善する作用
  2. 胃液や唾液の分泌を促し、消化器の負担を軽減する作用
  3. 腫瘍の発生・悪性化・増殖を抑制する作用
  4. 心臓の働きを高める作用
  5. 体内の活性酸素を除去する作用
  6. 血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、高脂血症や動脈硬化を改善する作用
  7. 殺菌・抗菌作用
  8. 免疫機能を高める作用などがあります

3. ウコンの摂取量と副作用

1. ウコンの飲み方・食べ方

ウコンをただ単に飲むだけでは、長期間服用することは出来ません。自分で色々とアレンジする事で、長期間ウコンを服用する事が出来るでしょう。粉末ウコンの場合にはどのようにして服用していけば良いのかを見ていきたいと思います。

粉末ウコンの場合は、基本的には水やお湯に溶かして飲んでいると思います。一般的な服用方法になりますが、それ以外にも色々な服用方法があります。特に料理などに利用されるのをオススメします。黄褐色に着色されるようになるので、見た目的にも料理が美味しそうになるでしょう。

ウコンの料理として一番に挙げられるのが「カレー」です。昔からカレーにはウコンが入っています。カレーを煮込んでいる際に、ウコンを入れるだけで大丈夫です。それだけで、美味しくウコンを頂く事が出来るようになります。もちろん、味に対しては影響があることは有りませんが、日本人の多くの人がカレーが好きだと思います。カレーにするだけで、ウコンの事を気にせずに服用する事が出来ます。

チャーハンや炒め物を作るときにも、粉末のウコンを入れていきましょう。合わないのでは?と思ってしまうかもしれませんが、炒めてしまうので味などは気にならなくなります。チャーハンの見た目的にも黄色になるのは、美味しそうに見えるのでお勧めになるでしょう。炒め物の際にも、黄色に見えている方が食欲もそそります。

香辛料として、魚や肉に入れてあげると良いでしょう。本場であるインドでは、ウコンは香辛料として利用されています。それを考えると、香辛料として利用するのは気にならないでしょう。魚や肉に香辛料として、使うだけで美味しくいただけます。魚などを煮込む際にも、ウコンを入れていきましょう。


2. ウコンの摂取量は?

ウコンの理想摂取量は1日1.5g~3.0g。

ウコンに含まれるクルクミンは、吸収しにくい難水溶性という性質を持ちます。腸に入ってもあまり吸収されていないのです。かといって、必要以上に摂取は、肝臓に過剰な負担がかかってしまいます。

朝昼晩の1日3回、あるいは朝晩の1日2回に分けて摂取。

ウコンが少量でも体内に残っている状態を保つことが大事になってきます。


3. ウコンの副作用は?

ウコンはまれに皮膚が痒くなるなどのアレルギー症状や肝障害、胆管障害の副作用が報告されています。

肝硬変や胆石のある人は量を控えるか避けたほうが良いようです。また、もともと肝臓に障害がある人は摂取前に医師に相談した方が良いようです。

肝臓の働きを高めるとされるウコンの摂取がきっかけとなって、肝硬変の60代女性の症状が悪化し死亡した。また、B型やC型の慢性肝炎患者が肝機能悪化で入院するなど、ウコン茶摂取後に副作用により肝障害を発症した事例があります。

ウコンは胆汁の分泌を活発化、肝臓の働きを良好にしますが、一方で過剰摂取、長期摂取は消化管に障害を起こすことがあり、動物実験では大量摂取が肝臓に毒性を示すと確認されています。

古くから消化を助け、腎臓や肝臓の働きを助ける民間薬としても使われてきましたが、近年、巷では「肝臓いい」「酒を飲む人にいい」とされ、多量の摂取が見られるようになっています。

「肝臓に自信のない場合はあまり多量のウコンは取らない」ということを肝に銘じた方がよさそうです。

ウコンの商品一覧

牡蛎&ウコン たのもし 約30日分

価格(税込) : 2,484 円

SHOP : ファンケルオンライン

ウコン

カロリミット ウコン ドリンクW 6本

価格(税込) : 1,193 円

SHOP : ファンケルオンライン

ウコン

ウコン革命 10回分

価格(税込) : 900 円

SHOP : ファンケルオンライン

ウコン

徳用ウコン革命

価格(税込) : 2,795 円

SHOP : @cosme shopping

ウコン

夜遅いごはんでも 大盛

価格(税込) : 1,058 円

SHOP : @cosme shopping

ウコン

沖縄長生薬草本社 ハルウコン 10包入

価格(税込) : 2,160 円

SHOP : こだわり商品研究所

ウコン

【定期】NEW沖縄産トリプルウコンEX<新タイプ>1本 【定期】NEW沖縄産トリプルウコンEX<新タイプ>1本

価格(税込) : 2,700 円

SHOP : 日本直販オンライン

ウコン

ページのトップへ