最新ニュース案内板

糖尿病の新しい診断基準が施行

5月に開催された第53回日本糖尿病学会年次学術集会での決定を受け、11年ぶりに改訂された糖尿病の新しい診断基準が7月1日から施行されました。

今回、最も大きく変わった点は、診断基準に「HbA1c」が追加されたことです。国内における診断データを利用して、網膜症の出現や血糖値の診断基準値との関連性に基づいた検討を行った結果、その基準値は「HbA1c 6.5%以上」(JDS値:6.1%)となりました。

HbA1cは特定健診、糖尿病実態調査、国民健康・栄養調査などにも広く活用されていますが、従来の診断基準では、①空腹時血糖値126mg/dL以上、②75g糖負荷試験で2時間値200mg/dL以上、③随時血糖値200mg/dL以上――のいずれかが認められる場合に糖尿病と診断され、HbA1c値はあくまでも「補助的な項目」でした。

HbA1cが診断基準に「格上げ」された背景として日本糖尿病学会は、①糖尿病とHbA1cに関するエビデンス(科学的な根拠)が飛躍的に集積されてきたこと、②すでに普及しており、検査も行いやすく、測定精度も向上していること――の2点を挙げています。

今回の診断基準を採用するにあたって問題となったのが、海外のHbA1cの診断基準との整合性でした。日本国内における診断値にはJDS値が使われていますが、それ以外の国では米国基準のNGSP値が使用されています。そのため、日本は薬剤の臨床開発など国際共同研究の場に参加できない状況が続いていました。

この状況を改善するために、新しい診断基準では従来のJDS値に互換値となる0.4を加え、NGSP値に相当する新たなHbA1c値への移行を推進することが決まりました。

ただ、NGSP相当値への早急な移行は、施設や患者の混乱を招く恐れがあるとして、臨床現場においては十分な周知が行えるように、当面の間は従来通りJDS値を使用します。そして、日本糖尿病学会が別途告示する日時をもって、臨床現場でもNGSP相当値に切り替える方針です。

新診断基準にHbA1c値が加わったものの、糖尿病の診断に血糖値が必須である点は変わりません。患者が「HbA1c6.5%以上(JDS値:6.1%」のみを満たすだけでは糖尿病と診断できず、HbA1cと同時あるいは再検査で血糖値を測定し、血糖値も診断基準を超えて糖尿病型であった場合に初めて糖尿病と診断されます。

2010/07/05 医療・医学ニュースによる

不安を和らげ眠りを誘う「バレリアン」

バレリアン(Valeriana officinalis、和名:セイヨウカノコソウ)は、ヨーロッパや北アメリカに自生するオミナエシ科の多年草。その根や根茎からの抽出物は、サプリメントとしても市販されていて、穏やかな鎮静・催眠薬として欧米で人気があります。

そして、バレリアンは、ハーブティーとしても楽しむことができます。いれ方は、(1)ティースプーン山盛り1杯の乾燥根を温めたポットに入れる、(2)熱湯150mLを注ぐ、(3)ふたをして10分間抽出する──というもの。葉ではなく根のハーブですので、通常のハーブティーより、やや抽出時間が長めになります。

ただ、バレリアンは「悪臭」で有名なハーブ。根を乾燥する際に生じるイソ吉草酸が、強烈なにおいを発します。興味深いことに、ヨーロッパの人は、バレリアンのにおいをそれほどの悪臭とは感じないらしいです。でも、私たち日本人にとっては、かなり強烈なにおいで、ハーブティーとしてそのまま飲むのはつらいと感じる人も多いことでしょう。

そんな、バレリアンの独特のにおいをかき消してくれるのが、レモンのような爽やかな香りと心地よい刺激味のあるレモングラスです。お好みの量をブレンドするだけで、「あの、いやなにおいはどこに?」と、不思議になるくらい、バレリアンのお茶が飲みやすくなります。レモングラスのほか、ラベンダーとのブレンドもお勧め。ジャーマンカモミールやリンデン、パッションフラワーなどの、いわゆる「鎮静ハーブ」と組み合わせてもよいでしょう。

バレリアンは、緊張や不安があったり、眠れない、イライラするといったときに使います。これは、バレリアンに含まれる成分の一つ、バレポトリアートに、鎮痛作用や催眠作用、鎮痙作用があるため。また、バレレン酸は、神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)の受容体に作用することが知られています。不眠の人は寝る前に、緊張や不安のある人は1日3回、バレリアンのハーブティー(ブレンドティーでも大丈夫です)やサプリメントを摂取します。

ただし、バレリアンは医薬品に匹敵する作用を持つ、メディカルハーブ(医療用のハーブ)と言ってもよいほどのハーブ。鎮静作用が強いので、車の運転など注意力を要する作業を行う前には摂取しない方がよいでしょう。ちなみに、ドイツでは、バレリアンのサプリメントなどに、「車の運転や機械を操作する場合に、注意力が減少する可能性があります」と表示することが義務付けられています。

 

医薬品との相互作用では、鎮静剤や中枢神経系抑制剤、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)との併用に注意が必要です。2~4カ月を超えての長期間の摂取は、不眠や緊張などの症状をさらに強める恐れがありますので、短期間の使用にとどめておきましょう。

日経メディカル オンラインの記事による

ページのトップへ戻る

電子タバコが注目を集めている

全国的な禁煙・分煙の意識の高まりや、2010年10月からのたばこ税の増税の影響等からか、電子タバコが注目を集めている。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、2007年6月の最初の相談事例から2010年6月末までに電子タバコに関する相談が309件寄せられており、特に近年相談が急増している。

そこで電子タバコについて、カートリッジにニコチンが含まれていないか、事業者がカートリッジ内の成分と安全性をどのように確認しているのか等を調査し、消費者に情報提供することとした。テストの対象銘柄は、国内で販売されている25銘柄45種類の味と参考として個人輸入品2銘柄2種類の味。

主なテスト結果(ニコチン、ジエチレングリコールの含有量等)
・カートリッジの液体を調べたところ、全ての銘柄でジエチレングリコールは検出されなかったが、国内で販売されている25銘柄45味中、11銘柄15味でニコチンが検出された。

表示
・国内で販売されているほぼ全ての銘柄でニコチンを含まない旨の表示がみられたが、一部の銘柄からニコチンが検出された。
・カートリッジ内の液成分表示があったのは25銘柄中11銘柄のみで、表示されているものの中でも表示内容には大きな差があった。
・安全である旨の表示がみられたが、対象や根拠が不十分であったり、不明瞭なものが多かった。
・使用対象年齢に関する表示があったものは25銘柄中16銘柄であった。

PSEマーク
・3銘柄で充電器にPSEマークの表示がなく、3銘柄でPSEマークが通常の使用状態では見えないところに表示されており、電気用品安全法に抵触するおそれがあった

消費者へのアドバイス
・電子タバコの安全性は根拠が不十分であると考えられるので、安易な使用は避ける。
・禁煙あるいは減煙の効果ははっきりしないと考えられるので、その効果を期待して継続的に使用することは避ける。
・未成年者が安易に使用しないよう保護者等が十分に注意する。
・国外ではニコチンが含まれる電子タバコが販売されているので、購入・使用・譲渡には注意する

2010年8月18日:公表 国民生活センターの記事による

ページのトップへ戻る

「やせ」太りすぎより短命 東北大研究グループまとめ

「やせ」太りすぎより短命 東北大研究グループまとめ

40歳の人の平均余命は、肥満度別にみると「やせ」の人が最も短く、最も長い「太りすぎ」の人より6年程度短命との研究結果を、東北大公衆衛生学の研究グループがまとめた。

肥満度は体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数(BMI)世界保健機関(WHO)の基準、
◇18.5未満を「やせ」
◇18.5以上25.0未満を「普通」
◇25.0以上30.0未満を「太りすぎ」
◇30.0以上を「肥満」と分類。

宮城県内の40~79歳の男女約4万4000人を1995年から2006年まで追跡調査し、分析した。

40歳の人の肥満度ごとの平均余命は、男女とも順序は同じで、「太りすぎ」が最長(男性40.5年、女性47.0年)。以下は「普通」(男性38.7年、女性46.3年)、「肥満」(男性37.9年、女性44.9年)、「やせ」(男性33.8年、女性41.1年)の順。

分析した大学院生の永井雅人さんは「循環器疾患による死亡リスクは肥満だけでなく、やせでも上昇するとの報告や、やせでは肺炎など呼吸器系疾患による死亡リスクが高いとの研究もあり、そうした影響によるのではないか」と話している。

ページのトップへ戻る

新型インフルエンザを予防するには「厚生労働省ホームページより」

新型インフルエンザを予防するにはどうしたらいいのですか。

ウイルス感染を予防のためには、手洗い・うがいをしっかりすることが大切です。手洗いは、外出後だけではなく、可能な限り、頻回に行いましょう。石けんを使って最低15秒以上行い、洗った後は清潔なタオル等で水を十分に拭き取りましょう。

また、ウイルスが粘膜を通して感染するため、極力鼻や口などを触らないようにしましょう。咳、くしゃみの際の「咳エチケット」も感染防止の上では大切です。咳やくしゃみ等の症状のある人には必ずマスクをつけてもらいましょう。

必ずマスクを着用する必要がありますか。

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。

一方で、予防用にマスクを着用するのは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り着用する効果はあまり認められていません

咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

N95マスクの性能がよいと聞いたのですが。

N95マスクを使用する際にはフィットテストなどの事前準備が必要であり、一般の方の使用にはむいていませんので、厚生労働省は推奨していません。

新型インフルエンザの感染者が自宅での治療となった場合家族は

・患者はなるべく家族とは別の個室で静養し、マスクの着用や「咳エチケット」を心がけてもらう
・手洗い、うがいをてっていし、マスクを着用する
・患者の看護や介護をした後は必ず石けんによる手洗い、またはアルコール製剤による消毒をする

ページのトップへ戻る

肝がんリスク、肥満は2倍以上 「厚労省研究班」

厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)は10日、高血糖や肥満などメタボリック症候群の関連要因を抱えている人について、肝臓がんにかかるリスクが2倍以上に高まるとの大規模疫学調査の結果を発表した。

肝がんは大半が肝炎ウイルスに感染して発症するが、生活習慣に気をつければ発症を回避できる可能性があるという

井上真奈美・国立がんセンター室長が、40―69歳の男女1万7590人を13年間追跡調査。期間中に102人が肝がんにかかった。調査開始時点の健診結果をもとに、血圧や血糖値、中性脂肪、体格指数(BMI)などのメタボリック関連要因が、肝がんリスクと関連するか調べた。

高血糖(1デシリットル当たり140ミリグラム以上、または空腹時で同100ミリグラム以上)のグループは、そうでないグループと比較し、肝がんになるリスクが1.75倍になった。また肥満度を示すBMIが25以上の人は、そうでない人と比べて肝がんリスクが2.22倍になった。

ページのトップへ戻る

禁煙でもコーヒー多く飲む人、膀胱がんリスク高い 「厚労省研究班調べ」

厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)は24日、たばこを吸わない男性ではコーヒーやカフェインを多く摂取している人ほど、膀胱(ぼうこう)がんにかかるリスクが高くなるという大規模疫学調査の結果を公表した。コーヒーを多く飲む人は、発症リスクが最大で2.2倍になっていたという。

ただ子宮体がんなど別のいくつかの部位ではコーヒー摂取ががんリスクを下げることが分かっている。コーヒーは臓器によってがんリスクを高めたり下げたりする。

 研究班は調査結果について「ぼうこうがんを高めるリスクは喫煙の影響が大きい。カフェインの影響は小さく、今回の研究はコーヒーを飲まない方がいいというわけではない」と話している。

[2010年12月25日/日経産業新聞]

ページのトップへ戻る

大腸ポリープ、緑茶カテキンで再発予防 「岐阜大教授ら」

緑茶成分のカテキンを含む錠剤を飲み続けると大腸ポリープの再発が抑えられることを、岐阜大医学部の清水雅仁助教や森脇久隆教授らが臨床試験で確かめた。名古屋市で28日から開かれる日本癌学会で発表する。

大腸がんのもとになるポリープの再発予防が緑茶錠剤の臨床試験で実証されたのは初めてという。手軽な緑茶錠剤によるがん予防の可能性をうかがわせる成果といえる。

臨床試験には、岐阜大病院など岐阜県内の4病院が参加した。大腸ポリープを内視鏡で切除した125人のうち60人に緑茶錠剤3錠(計1.5グラム、6杯分)を毎日飲んでもらい、飲まない65人と、1年後に大腸を内視鏡で検査して、ポリープ再発率を比べた。 〔共同〕

ページのトップへ戻る

大衆薬ネット販売規制 風邪薬など6月から 「厚労省令公布」

厚生労働省は6日、6月の改正薬事法施行に合わせて、一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を規制する内容の省令を公布した。

副作用のリスクが低い一部の医薬品を除き、インターネット販売を含めた通信販売ができなくなる。ただ、規制への反対意見も根強いため、舛添要一厚生労働相は6日朝の記者会見で厚労相直属の検討会を設置して引き続き議論する方針を示した。

改正薬事法では一般用医薬品を副作用のリスクの高さに応じて第一類から第三類まで分類する。最もリスクが高い第一類は、H2ブロッカー含有薬や一部の毛髪用薬などが該当。第二類には主な風邪薬や解熱鎮痛薬など、第三類にはビタミン剤や整腸薬が対象となる。

今回の省令ではインターネット販売を含む通信販売の対象を、ビタミン剤や整腸薬などの第三類に限定。6月以降は第一類・第二類に該当する発毛剤や風邪薬などの販売を禁止する。第三類を販売する場合も、あらかじめ都道府県に届け出る必要がある。

ページのトップへ

ページのトップへ